婚約指輪を渡すタイミングって…?

プロポーズの時に一緒に渡す

婚約指輪を渡す場合、事前に男性だけでお店で購入するなり工房で自作するなりして用意しておくか、プロポーズをしてから一緒に購入するかに分かれます。既婚者や未婚の男女を対象にしたブライダル関連のアンケートは至る所で行われていますが、いずれの場合も「プロポーズ時に指輪を用意してもらいたかった」という割合は高い傾向が見られます。
最近はプロポーズすらしない、考えていない男性の割合も高いですが、恋人関係から夫婦に変化するという区切りを持つためにもプロポーズはしたほうがいいでしょう。実際に結婚を申し込まれるシチュエーションにあこがれを持つ女性の方が多いですから、花束や指輪を用意して女性の夢をかなえてあげた方が成功率も高くなるはずです。

後で指輪を買う場合は

相手の好みがわからない場合や、どのブランドの指輪が人気がわからない場合は、プロポーズだけ先に済ませて女性と一緒にお店に行って指輪を探すという方法があります。この場合のメリットは、相手の好みに適った婚約指輪を贈ることができるということです。本人に直接決めてもらった方が確かに間違いはないでしょう。オーダーメイドやセミオーダーの場合も、本人が納得いくデザインを作れます。
プロポーズの時に何も渡さないということが嫌なら、先にダイヤモンドのルースだけを購入して、そのダイヤモンドにふさわしい指輪を一緒に探すというのも可能です。婚約指輪の価値を決めるダイヤモンドは、四つの項目からその価値が決まります。ダイヤモンドだけならお店の人に協力してもらえば男性でも最適なものを選べます。

結婚指輪を立川で購入する場合、店舗を訪れる以外に通販を利用する方法もあり、豊富な品揃えの中から商品選びができます。